お知らせ

サムギョプサルの美味しい食べ方とは?

サムギョプサルとは、日本語で言うと「豚の三枚肉」の意味です。
平たく言ってしまうとバラ肉なのですが、厚みがあり、焼肉に向いている豚の三枚肉をサムギョプサルと呼ぶことが多いです。
サムギョプサルはやや脂身が多く、単体だとやや脂っぽく感じる方もいらっしゃいます。
そういった方はサンチュやサニーレタスと一緒に食べるのもおすすめです。

サムギョプサルを美味しく食べなら、下記の手順をお勧めします。

1、重ならないように3枚を綺麗に並べて焼く
2、お肉に焦げ目がつくまで待ちます(むやみに触らない)
3、お肉に焦げ目がついたらひっくり返します
4、ハサミで食べやすい大きさに切ります
5、そのままタレに付けて食べてもいいですし、焼いたニンニクと食べるのも美味しいです。

タレは焼肉タレ以外に、ごま油や味噌タレ、塩、コショウなどが合います。

本場の味に近づけるならキムチ、エリンギ、ねぎなどをトッピングして、やや辛みを感じながら食べるのが通とされています。
辛さに慣れている現地の方はニンニクや青唐辛子もさらに入れるんだとか。
そのあたりはお好みで良いかと思います。

焼肉「鈴」でもサムギョプサルをご提供していますので、是非お気軽にご注文ください。

お問い合わせはこちらから

2021.05.20

pageTop