お知らせ

関西と関東で違うすき焼き

すき焼きは、日本全国で楽しむ料理ですが、関西と関東では作り方が微妙に違うのを知っているという人も多いですよね。

そこで今回は、関西と関東のすき焼きの作り方について紹介したいと思います。

まずは、関東のすき焼きの作り方は、

すき焼きなべに牛脂を溶かします、牛肉とねぎを入れて焼き、その後割り下をひたひたになるまで注ぎます。

次に、豆腐やしらたきなどほかの野菜を加えて全体が煮えてきたら完成。

溶き卵につけていただきます。

次に、関西のすき焼きの作り方は、

すき焼きなべに牛脂を溶かし、牛肉とねぎを入れて焼きます。肉に火が8分目くらいまで通ったら、肉の表面がかくれるくらいの砂糖を入れます。次に醤油、酒を加えます。

白菜など水分の出やすい野菜を加えてから、別の野菜などを加え、全体が煮えてきたら完成。

溶き卵につけていただきます。

関東風も関西風も基本的な作り方は同じですが、割り下の作り方が違うことがわかります。

どちらもすき焼きとして美味しく食べることができるので、たまには違った作り方で試してみてはどうでしょう。

自宅で食べるすき焼きも美味しいですが、お店で食べるすき焼きややっぱり格別ですよね。

お店こだわりの割り下で作られるすき焼きをぜひ食べて、幸せな気持ちになってみてくださいね。

 

お問い合わせはこちらから

2020.02.20

pageTop